多賀城市市民活動サポートセンター公式ホームページです

市民活動団体を探す

HOME > 市民活動団体を探す

NPOゲートシティ多賀城

情報更新日:2017/03/27

団体名 NPOゲートシティ多賀城
ふりがな えぬぴーおーげーとしてぃたがじょう
代表者名 松村 敬子
所在地 〒985-0874 多賀城市新田字後24-25
連絡先 電話 022-309-7181 /FAX 022-309-7181
E-mail npo.gatecity.tagajo@gmail.com
HPアドレス http://gatetagajyo.web.fc2.com/
設立時期 2007年4月
会員数 会員数22人/ボランティア数賛助40人/事務局スタッフ数2人
主な活動場所・地域 多賀城市
主な活動日 毎月第2木曜日
入会金等 年会費 3,000円
予算規模 収入 278,307円   支出 278,307円
団体の設立経緯 2005年、多賀城市と太宰府市の友好都市締結式時の交流から市民有志が史跡活用に対して問題意識を共有して2006年8月に史跡を生かしたまちづくりを考える、仮称「南門をつくる会」として懇談会を開始。よく2007年4月に「史跡を活かし、魅力と賑わいのあるまちづくり」をテーマに掲げ、本会を正式に設立した。
団体のミッション・活動目的 多賀城政庁跡は「遠の朝廷(とおのみかど)」として大和朝廷の東北統治の拠点として古代中世に重要な役割を担っておりました。現在史都多賀城で暮らす私たちが歴史的・文化的な魅力を多くの人たちに気づき愛着と誇りを持っていただけるような市民意識の醸成を目指しています。そして市民各位や来訪者の方々にその価値と魅力を十分に実感できるような環境整備の提言と実現のための活動をしております。
活動の内容 ① ミヤギノハギ植栽による成長南門間大路表示事業
② 万葉植物植栽事業(カタクリ・オミナエシ・あやめ)
③ 東日本大震災追悼事業(多賀城・万灯会~復興の灯~)
④ 多賀城インターチェンジの観光事業としての有効活用提言事業
⑤ その他本会の目的を達するための事業
団体のアピール 本会は、特別史跡多賀城跡の活用したまちづくりを目的とした団体です。まだまだ活かしきれていない多賀城潜在能力を再発見して現代に活かす活動に一緒に参加してみませんか。
このページの先頭へ戻る