多賀城市市民活動サポートセンター公式ホームページです

市民活動団体を探す

HOME > 市民活動団体を探す

やましたさんとみんなの工作教室

情報更新日:2017/05/17

団体名 やましたさんとみんなの工作教室
ふりがな やましたさんとみんなのこうさくきょうしつ
代表者名 櫛田 洋一
所在地 〒985-0873 多賀城市中央2-25-3 多賀城市市民活動サポートセンター内 レターケースNo.19
連絡先 電話 080-1835-2427 /FAX 022-309-3706 レターケースNo.19
E-mail tuchinoko_wa_iru@yahoo.co.jp
HPアドレス
設立時期 2011年 5月
会員数 会員数0人 / ボランティア数3人 / うち事務局スタッフ数3人
主な活動場所・地域 多賀城市
主な活動日 なし
入会金等 入会金 0円  年会費 0円  月会費 0円
予算規模 収入 およそ 24,000円   支出 およそ 24,000円
団体の設立経緯 メンバーの1人(関東在住)が、震災後に被災地の子どもたちを元気にしようと多賀城の避難所で個人ボランティアとして工作教室を開催しました。その際に子どもたちから『「また来てね」と言うと、大人は「また来るよ」と言うけれど来てくれた大人はいない。』という言葉を聞き、一度だけの活動で終わらせず、地元のメンバーを増やしながら継続して子どもたちを支えていこうと思いました。
団体のミッション・活動目的 工作を通して被災地区の中に子どもたちの居場所をつくり、子ども同士、子どもと大人が交流できる環境を整えることを目的としています。
活動の内容 ・多賀城市内の仮設住宅集会所にて、毎月子どもを対象とした工作教室を実施していました。
 →仮設住宅の解消に伴い2015年度で終了
・仮設住宅解消後は、これまでの活動で得た子どもの居場所づくりに関するノウハウ・経験を、災害公営住宅をはじめとした被災地区のコミュニティに共有します。
 →報告冊子の発行(予定)
・地域のイベントでワークショップを出展し、工作を教えるとともに仮設住宅などの状況を発信します。
団体のアピール ゆるく、自由に仮設住宅の子どもたちと一緒に遊ぶ活動です。割りばし鉄砲、紙飛行機などのワクワクするおもちゃから、松ぼっくりのクリスマスツリー、切り絵、絵ハガキといったカワイイものまで作っちゃいます。「昔」子どもだったみなさん、ぜひ「今」の子どもたちともう一度、工作で遊んでみませんか?ひょっとしたら、子どもたち以上に夢中になるかもしれませんよ(笑)
このページの先頭へ戻る